肥満の元となる中性脂肪を下げる方法を伝授

スリム効果が促進

メジャー

肥満の改善に

中性脂肪を下げると、生活習慣病の予防になり肥満の改善になります。中性脂肪が高い人の生活習慣を見ると、食生活と運動と睡眠に問題があります。食事は、炭水化物や脂質が多いと中性脂肪が増えていきます。肥満になると体を動かすことが減って、運動不足になるので健康にはマイナスになります。筋肉が減って、脂肪燃焼効果も落ちてきます。中性脂肪を下げるには、バランスがいい栄養をとることが大切です。ごはんやパン中心の食事を避けて、野菜や肉、魚、卵、大豆食品をしっかりとります。特にたんぱく質の食品は、脂肪燃焼効果があるのでダイエット中も必要です。大豆食品に含まれている、ダイズイソフラボンは女性ホルモンのバランスを整えてくれる作用があるので乾燥から肌を守ってくれる働きがあります。睡眠中は、成長ホルモンが出て体の修復が行われます。体の脂肪を分解して、エネルギーに変えてくれる作用があります。質がいい睡眠をとることで、中性脂肪を下げる働きがあります。免疫力が向上するので、風邪や病気に強い体になります。便秘を改善することも、中性脂肪を下げるのに必要なことです。老廃物を外に出して、血流がよくなることで中性脂肪が溜まるのを防いでくれます。便秘の改善には、酵素や食物繊維を多く含む食品をとることが大切です。みそやキムチ、ヨーグルト、甘酒は酵素食品です。食物繊維が多いのは、きのこ、海藻類、豆類、こんにゃくです。同じ食品ばかり食べるのでなく、いろいろな食品をとることで栄養素が幅広く摂取できます。便秘は中性脂肪を下げると同時に、気持ちもすっきりします。